羽毛布団8点セット

羽毛布団は、ふんわり軽く、一枚でもぽかぽか!寝返りが楽です。


朝まで快眠出来ます!

ガチョウの胸の毛・羽毛(ダウン)を使用しています。

冬には2枚重ね、 夏には1枚を使用します!


羽毛布団8点セット

心地よい寝具は、快適な快眠のために必要です。

しかし、そのような枕、掛け・敷ぶとんなどを揃えるのは、容易ではありません。

かさばるならば、持って帰ってくるのが大変な苦労です。

このような場合、通信販売だとそんな心配はいりません!


●色は、20色に増えました!●

●色は、商品詳細ページの上下の中央で選択できます。●

セット
  羽毛布団8点セット
  1) 掛けふとん
  2) 敷きふとん
  3) 枕
  4) 肌掛ふとん
  5) 掛カバー
  6) 敷シーツ
  7) 枕カバー
  8) 収納ケース

  以上の8点です。






激安 羽 毛 布 団8点セットの価格 : ¥8,379です。

羽 根 布 団は夏は涼しくて、冬は暖かなので、一年を通して快眠できます。


色は鮮やかなサンセットオレンジで、お部屋を明るくすることができます。


次のリンク(布団の絵)をクリックさせ、「羽 根 布 団8点セット」の詳細を見ることができます。



羽根布団8点セット シングル  サンセットオレンジ

羽根布団8点セット シングル  
サンセットオレンジ

販売価格¥8,379

快適な快眠に必要なのは、心地よい寝具類を揃えることです☆けれども、枕、掛け布団、敷布団などを一式揃えるのはなかなか面倒ですし、買っても持って帰ってくるのが一苦労。しかし、通信販売だとそんな心配は無用です。しかも、この「羽根布団8点セット」は、掛けふとん・敷きふ…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ


羽毛布団には上には上があります

ふんわり軽く、一枚でもぽかぽか!寝返りが楽です。



羽毛布団には上には上があります

これは、ガチョウの胸の毛を使用して作られます。
この胸毛は、むしり取って集めるのでしょうか?
高級なダウンの場合、自然界の産物が活用されています。
ガチョウは、産卵のために巣づくりをする時に自らの毛をむしって底に敷き詰め、ふ化させ、子育てをします。
アイダーダウンとはその子育てを終えた巣から取ってきた羽毛のことです。
1つの巣から取れるダウンは、最大約20グラムです。
1枚作るのに必要なダウンは、1キログラムとされています。
したがって、巣が約50個もいることが解ります。
そのダウンを使った掛けぶとんは、シングルで100万円から400万円もするそうです。
さらに、オーダーメイドの場合、アイダ−布 団は、最高数千万円もするという情報がありました。
しかし、一般に出回っている羽 毛 布 団は、飼われているガチョウからダウンをむしり取って採取するため、
価格を安く抑えることができています。



羽根布団8点セット シングル ブラック

羽根布団8点セット シングル ブ
ラック

販売価格¥8,379

快適な快眠に必要なのは、心地よい寝具類を揃えることです☆けれども、一式揃えるのはなかなか面倒ですし、買っても持って帰ってくるのが一苦労。しかし、通信販売だとそんな心配は無用です。しかも、この8点セットは、掛けふとん・敷きふ…

拡大画像を見る
商品詳細ページへカートページへ


タグ:価格

手入れの仕方


クリーニングと手入れ

<< 保管方法 >>

●圧縮保管袋について
圧縮ふとん袋は、使用しない方が良いようです。
圧縮すると羽毛が壊れやすくなるためです。
壊れてしまった羽毛は、膨らまなくなり、復元がほぼ不可能と言われています。

●保管の際は、ケースへ
保管する方法は、次の通りです。

  (1) 先ず、縦に長い辺となっている部分を持ち上げ、短い辺を3つ折にします。
  (2) 次に、細長くなった長方形の短い辺を持ち上げ、(1)の縦の長い辺を3つ折にします。
  (3) 結果として布団が9分の1の大きさになります。
  (4) 羽 毛 布 団ケースに入れます。 圧縮はしません。
  (5) 防虫剤を使用する場合「ピレスロイド系」を使用します。臭いが着かないようにするためです、
 但し、厚みのある羽 毛 布 団の場合、別の収納方法があるかも知れません。説明書を参照願います。

<< 干し方 >>

●原則として、部屋の中にのばし、風をあてる方法が最適です。
紫外線により、生地の劣化が早まる原因になるためです。
仮に太陽光で干される場合、カバーを掛けたまま、短時間(1時間程度)干すように勧められています。

●ふとんたたきでたたかないでください。
毛は繊細のため、たたかれると壊れてしまうからです。
また、取り扱う際、布団の生地を傷つけないよう、注意して取扱いましょう。 毛が出てしまうからです。


<< クリーニング方法 >>

●クリーニングする場合には、専門業者か、寝具専門店に依頼することが原則です。
「洗濯したら煎餅ぶとんになっちゃった」、という悲劇を防ぐためです。



タグ:手入
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手入れの仕方

羽毛(ダウン)とは

羽毛(ダウン)とは

ダウンとは、ガチョウの胸の毛のことです。
NHKで放送されていましたように、
ダウンは、アイダーダックと呼ばれる北極海沿岸に住む珍種のガチョウの胸毛から作られるそうです。
そのガチョウは、産卵のために巣づくりをする時に自らの毛をむしって底に敷き詰め、ふ化させ、子育てをします。
アイダーダウンとはその子育てを終えた巣から取ってきたものです。
1つの巣から取れるダウンは最大約20グラム。
ふとんを一枚作るのに必要なダウンが約1キログラム程度必要です。
したがって、一枚を作るのに巣を最小約50個も必要になります。
しかし、ガチョウは、飼育することができます。
一般に出回っているものは、このようなガチョウから1年間に3回程むしるそうです。
その結果、手ごろな値段で購入できます。



● 手入れの仕方

  ・圧縮保管袋について、圧縮ふとん袋は、使用しない方が良いようです。
  ・保管の際は、ケースへ
  ・原則として、部屋の中にのばし、風をあてる方法が最適です。
  ・ふとんたたきでたたかないでください。


● 使用者の声

  ・ ほとんどの方(約100名)は、先ず、ふわふわで暖かいと発言し、満足感を得ていました。
  ・ダウンのニオイが気になる人が十数名もおりました。
  ・肩こりなど体に異常がある人にも、軽いため、使用後、爽快感を得られていました。
  ・輸送方法に問題がある場合、煎餅ぶとんになるケースもあるようです。
  ・冬場でなく、夏に買うと在庫切れが無く、安く購入できています。
タグ:ダウン

使用者の声

羽毛布団の使用者の声

次の内容は、の使用者の声をまとめた結果です。

(1) ほとんどの方(約100名)は、先ず、ふわふわで暖かいと発言し、満足感を得ていました。

(2) 羽毛(ダウン)のニオイが気になる人が十数名もおりました。
   この場合、10日以上繰り返し干すとニオイが弱くなることが解りました。
   また、専門業者に依頼し、洗濯と乾燥によりほとんどニオイが消えるようです。

(3) 肩こりなど体に異常がある人にも、軽いため、使用後、爽快感を得られていました。

(4) 輸送方法に問題がある場合、煎餅布団になるケースもあるようです。
   このような場合、干すと、フワフワに戻ります。

(5) 冬場でなく、夏に買うと在庫切れが無く、安く購入できています。




■ 価格には上には上があります
   そのダウンを使った掛けふとんは、シングルで100万円から400万円もするそうです。
   さらに、オーダーメイドの場合、アイダ−物は、最高数千万円もするという情報がありました。
■ 手入れの仕方
   収納の仕方、干し方、洗濯の原則を概説しました。
  ●圧縮保管袋について、圧縮ふとん袋は、使用しない方が良いようです。
  ●保管の際は、ケースへ
  ●原則として、部屋の中に伸ばし、風をあてる方法が最適です。
  ●ふとんたたきでたたかないでください。
  ●クリーニングする場合には、専門業者か、寝具専門店に依頼することが原則です。
タグ:口コミ
posted by Yy at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 使用者の声
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。